読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらつま日記

サラリーマン妻日記です。日々のこと、子育てのこと、考えたことなどを書いてます。

プロヴァン中世祭りへ行ってきた

フランスはプロヴァンの中世祭りへ行ってきました。

午後早めに出かける予定が夕方にずれこんだ理由は、レンタカーを朝の8時半で予約していた夫がレンタカー屋さんに行ったところ「だれもいなかった」と帰ってきたところから。午前中の授業に出てお昼もう一回行ったら今度は「ランチ休憩」で閉まってたと。しかも土曜日なのでいつもより長く12時から3時まで開かない。

結局車を無事借りて出発したのが4時前で着いた頃には5時過ぎてたという。

旦那が店で「なんで朝誰もいなかったんだ」って聞いたら「車がぜんぶ出払ってて貸す車がないから他の店舗に車取りにいってたんだよ」と。もちろんそんなことで絶対謝ったりしないわけだけど、空気読んだのか「大きくていい車用意したから!(笑顔)」で終了。

着いたのが祭りも終盤の時間帯だったからか入場料払わなくてよかったのがラッキーでした。適当なところがよくも悪くもヨーロッパ。

 

f:id:charlotte326:20150613002805j:plain

竹馬のようなものに乗って歩くこの巨人は一体・・・彼が立ち止まって次女をじっと凝視。固まる娘。そして大泣き。そら怖いわな〜。

 

f:id:charlotte326:20150613190513j:plain

ゲートくぐってすぐの出店には豚の丸焼き。読んで字のごとくの様子です。「食事のときには『いただきます』『ごちそうさま』をちゃんと言わないとね」と夫と短い会話をかわしました。

 

f:id:charlotte326:20150613005201j:plain

 

f:id:charlotte326:20150613002851j:plain

↑左の鍋の中央、ナイフの刺し方が斬新。

f:id:charlotte326:20150613192202j:plain

 

f:id:charlotte326:20150613014113j:plain

こちら、薔薇の商品を扱う小さいお店。中に入るととても良い香りです。目をひいたのは、たくさんの種類の紅茶や砂糖や塩。ローズ風味の塩やらハイビスカス風味の砂糖やら、見てる分にはとても欲しくなるけど使わずに放置される恐れが高かったので目で見て楽しむだけにしました。お料理が上手な人なら色々と試してみると楽しいかも。

 

f:id:charlotte326:20150613014256j:plain

f:id:charlotte326:20150613014123j:plain

 

夜20時からは『Ball』、いわゆるダンスパーティーのはじまり。みんな踊る踊る。指導係の人もしっかりいて「右、右、左、左、後ろに蹴って〜」と声かけながら教えてました。しかしみなさんすっごい楽しそう。見ていてなんだかとても幸せな気持ちになりました。

f:id:charlotte326:20150613210034j:plain

f:id:charlotte326:20150613211908j:plain

f:id:charlotte326:20150613211910j:plain

 

国にはそれぞれの歴史があって、昔の人々の装いや食べ物、今は見られない文化を垣間みる絶好のチャンスがこういうお祭り。歴史的な背景を少し勉強していたらなおさら面白いかも。

日本に帰ったら今度は京都の時代祭を見に出かけよう。

 

f:id:charlotte326:20150613030959j:plain

 

 

f:id:charlotte326:20150613201056j:plain

帰り道に一枚。

さりげなく家々に咲いている薔薇が町の雰囲気に色合いを添えてるのが素敵でした。

 

 

 

地平線と夕焼け

最近はすっかり日が長くなって嬉しいです。

昨日は久々にちょっとばかし遠出をした帰り道、久しぶりに夕焼けを眺めました。

 

f:id:charlotte326:20150613221317j:plain

 

 

最近の日没は夜の9時過ぎくらいなので、いつも子供たちは日が沈む前に就寝しているからか夕焼けを眺める機会も減ってました(私も)。まだ明るい日が差す部屋でブラインドをしめて薄暗くした中を寝る。もったいないような、贅沢なような。

 

昨日の夕焼けはとっても綺麗でした。少し肌寒い風の中、地平線と夕焼けと。

まわりは一面畑だったので、土と緑の新鮮な空気。外国の町ってそれ自体が独特のにおいを持ってる気がするけど、田舎のほうにいくとどこかそのにおいに懐かしさを覚えます。

 

新鮮な空気をはらいっぱい吸って、充電できた感じ。

 

帰国まであと一ヶ月。

大事に過ごそう。

 

 

 

 

 

 

子供に覚えさせておきたい、からかわれた時にとる5つの行動

最近、学校で長女が年上の子に数回にわたってからかわれるということがあったことを受けて、デバグポスター(写真)を作ってみました。

このポスターを最初に見たのは、アメリカの小学校をボランティアで訪れたときでした。これはアメリカでは特別支援学校を中心に採用されているポスターで、要は子供たちが誰かにちょっかいを出されたときに彼ら自身がそれにどう対処したらよいかを5ステップにまとめたものです。

(bugというのは虫という意味もありますが、この場合はうっとおしいもの、という感じでしょうか。deは取り除くという意味があります。)

 

f:id:charlotte326:20150412095858j:plain

 

誰かにちょっかいだされたら

まず

 

1・無視する

それでもちょっかい出されたら

 

2・その場から離れる

 

それでもちょっかい出されたら

3・フレンドリーに(穏やかに)話をする

例「そういうことされるの嫌だから、やめてくれる?」

 

それでもしつこくやってきたら

4・毅然とした態度と言葉で話す

例「いいかげんにして!やめてよ。」

 

それでもやめなかったら

5・大人の助けを求めよう

 

ということです。

 

我が家ではこのポスターをトイレに貼ってあります。ある朝、どこぞの国の大統領演説のような口調で長女がこれを読み上げているのが聞こえてきました。「おぉ、読んでる読んでる」と思いながら聞いていたのですが、このデバグシステム、一番いいところはちょっかい出されたときに自分がどう行動すればいいのかがはっきりしているという点だと思います。うちの子はどちらかというと何かひどいこと言われたら黙ってそれを聞いて静かに心の中で傷ついてるタイプなので、そもそもそういうからかいの言葉に傷つく必要はないんだ、こういうのには自動的に対処しておけばいいという感覚を養うのに役に立つ気がします。

 

アメリカ人の友人曰く、アメリカでは子供同士のいざこざには基本的には最初から教師が介入することは少ないとのこと。まず、自分でなんとかしようとする姿勢と態度を育てようというのは、こういうデバグシステムなるものを作る国らしいというか、ある意味とても納得しました。

ここフランスはどちらかというと、日本に近いものがあるかも。子供が嫌なことされて、(なぜか子供は)しばらくたってからぼそっと親に言う、心配した親が教師に相談して、教師がそこで介入する、というパターンが思い浮かびます。

 

ちなみにこのデバグシステム、兄弟、姉妹喧嘩にも適応できそうです。うちの次女はチクリ魔でちょっとしたことでも何かあると第一声に「ママ〜!」ときます。1から4番をすっ飛ばして5番にくるわけです。兄弟喧嘩といえど程度によりますが、「○○が〜のこと、××って言った」程度のものであればこのポスターを見せて本人になんとかする術を覚えさせるにはちょうどいい練習になるかもしれません。なにより、兄弟喧嘩の仲裁に入る親の手間とストレスを減らすのにとても有効ではないかと思います。

効果があるかどうかはそれぞれの子供の性格や状況によるところが大きいとは思いますが、知っておいて損のない5ステップというのには間違いないと思います。

そういう私も5番をGet partners Help.(パートナーの協力を求める)にしたら子供たちのちょっとした「いたずら」にうまく対処できるようになるかも。この場合、1番(無視する/目をつぶる?)が一番の難所になりそうですが・・・

 

 

参考サイト(英語)

www.sightwordsgame.com

 

以前書いた記事も参考までに。

子どもが「からかい」の対象になってしまったときの対処法 - さらつま日記

 

 

蕁麻疹とストレスとFB

ここ数週間、やけに蕁麻疹がひどく夕方から深夜にかけてかゆみに悩まされてました。

 

かつて長女に授乳していた時期もひどい蕁麻疹が出たことがあったので、そのときは皮膚科に行って相談しました。蕁麻疹には塗り薬というのはほとんど効かないので、かといって授乳中に服薬するのも難しいのですが、夜はミルクにして蕁麻疹がひどくなる時間帯(夜)から薬を飲んで(この後薬が体からなくなるまでの数時間は授乳なし)やり過ごすうちに症状が出なくなりました。

 

「とにかく、体を休めてあげることが一番ですね」

とのお医者さんの言葉を受けて、授乳の回数減らしてこの頃からミルクを本格的に使い始めた記憶があります。(授乳はやはり体力が奪われるのです)

 

私の場合は靴下や服、何かしらの外的な刺激を受けた場所から蕁麻疹が広がるので、さしあたり家にいるときはゆったりした服を着てるのですが、それでもなかなか蕁麻疹が出ないようにすることは至難の技です。

そもそも蕁麻疹というのは私の場合心身ともにストレスがたまったときのサインということが多いので、とりあえず取り除けるストレスから取り除いてみようと考えました。

 

私たちの生活には取り除けるストレスとどうしようもならないストレスの二種類があります。子育てや家庭におけるストレスというのは、これはどうしようもならないものがほとんど。ただ、会って気分が落ち込むような人や居心地の悪い場所には近づかないようにする、これはだいたい可能(会社関係だとちょっと難しいかもしれませんが)。

 

それから、FB。人間というのは、人生の中で突然どどーんとくる大きなストレスというより、日々の小さいストレスを継続的に溜め込むことで心身ともに疲弊してしまうことが多いとかって記事を読んだことがあります。それが本当ならば、FBというのはまさにその後者に当てはまるのではと思ったのです(あくまで私の場合です)。FBの何が私たちを疲れさせるのかという点についてはFBを使ったことのある方なら想像に難くないと思います(だいたいみんな似たようなモヤモヤを経験してるのでは)。

 

基本的にはFBは楽しいものだし、遠方に住む友達の近況が手軽に知れたり「何か」の時のために一応つながっておけるツールとしても重宝してました。

が、数年使ってみて気がついたことは、その「何か」の時というのは、めったにやってくるものではないということ。それに、どうしてもFBでしかつながっていない誰かと連絡を取る必要があるときには、メールアドレスを知っている友達をたぐっていけばなんとかなるパターンがほとんどなんじゃないかと。

ただ、アカウントまで消してしまうと色々悲しいので、とりあえず休止状態にしました。

 

今日はFBを休止状態にして3日目。

心身ともに驚くべき変化がありました。

なんだか、とっても「楽」になったのです。

そして、何より「いま」そこにあるものに意識をより集中することができるようになった気がします。

FBを見るのに費やされていた時間で今後はもっと本を読もう。

夜寝る前にiPhoneを握ってチェックしてた時間を子供の手を握る時間にしよう。

友達の微妙な投稿に「イイネ」するかどうか迷うその一瞬があれば夫のいいところを口に出して褒めてみよう。

今ここにある人間関係を大事に育てることに集中しよう。

 

そして、なによりなにより、蕁麻疹がほとんど出なくなった。

あれは一体なんだったんだ、ってくらい改善されてるのです(とか言ってまたすぐ出るかもしれないけど)。

思っていた以上に私はいろんな意味でFBで消耗していたのかもしれません。

 

今のところ、FBやめてからは無くしたものよりも得たもの(というより取り戻したもの?)のほうが多いと感じています。

 

あぁ、この調子で蕁麻疹が消えてくれますように・・・・・と祈りつつ、風呂入って早めに寝ます。←でも正味これが一番大事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆかいなフランスの写真を集めてみた

青信号はスキップで。

f:id:charlotte326:20150516054100j:plain

パリの赤信号は仁王立ちで待とう。

f:id:charlotte326:20150516054014j:plain

 

手書き感あふれる字体が楽しい。

f:id:charlotte326:20150516054016j:plain

 

傾き具合はもう少しなんとかならなかったのか。

f:id:charlotte326:20150506181256j:plain

 

思わず「こんにちは!」って大きな声で言いながら店に入りたくなりました。

f:id:charlotte326:20150506181828j:plain

 

寿司にだって複数形はある。

f:id:charlotte326:20141127213227j:plain

 

パリのラーメン屋さんの張り紙。遅延か・・・仕方ないな。ここは日本じゃない。

f:id:charlotte326:20150506180753j:plain

 

衝撃的だった白ナス。形も質感もそれは確かにナスなのだけど、心がそれを受け入れられません。

f:id:charlotte326:20150515162329j:plain

 

番外編(ゆかいなベルギー)

イーペルの猫祭り中、チョコレート屋さんで発見した猫チョコ。日本人客が多いといえ、日本語で書けばいいってもんじゃない気がするよ。

f:id:charlotte326:20150510112428j:plain

 

びっくりするくらいの全面改装中だった。ヨーロッパではよく見掛けるけど、工事中の建物を覆うこのカバーは見事。

f:id:charlotte326:20150510185818j:plain

 

さすがにここまでしなくてもわかると思う。

f:id:charlotte326:20150511145419j:plain

 

見た瞬間、目を疑った。おそらくここは乾燥素材の洋服屋さん。こんなことになる前に誰かが止められなかったのかが悔やまれるレベル。 

f:id:charlotte326:20150510190331j:plain

ベルギーはイーペルのネコ祭りに行ってきた

3年に一度開催されるベルギーのイーペルという町で行われたネコ祭りを見てきました。

Welcome! | Kattenstoet Ieper   ←祭りのHP

祭りの目玉は3時間近くに渡るパレードと、その後のネコ投げ(世界遺産にも登録されている鐘楼からネコのぬいぐるみを投げて人々がそれを取るというもの)、そして祭りの最後を飾るのはその名も「魔女の火あぶり」。


この祭りの歴史は古く、途中戦争で一時中断されたものの1938年まで遡るようです。
まず会場で何に驚いたかというと日本人観光客の多さ。どこを見ても日本人、日本人、日本人。保健所で殺処分されるネコの数の多さを考えたらそれほどネコ好きが多い国とは思えないのだけど、とにかくこういう祭りが好きな国民性なのかな(そういう私も日本人)。
祭り会場付近のホテルの人曰く、この日だけでもそのホテルに160人の日本人客が泊まってるとかで、他の国からはだいたい10人前後が平均というのに対して16倍。秋葉原を彷彿とさせる気合いの入った奇抜なネココスプレをしているのもだいたい日本人。他の国の観光客から写真撮影を頼まれててにこやかにそれに応じていました。

 

この祭りが開かれるベルギー西部のこのイーペルという町は第一次世界大戦で激戦地となったところで、ドイツ軍による大規模な毒ガス攻撃があった場所。祭り会場の広場正面には戦争博物館があり常設展示の他にこの時は毒ガス攻撃の特別展がやっていました。この祭り、ネコ祭りという楽しい響きとジャジーなダンスの数々が繰り広げられると同時に、随所で戦争の犠牲者を悼み平和への願いを込めたパフォーマンスや展示が見られました。そんな中登場した日本人グループによる「ねこ踊り」には度肝を抜かれましたが。「にゃーご!にゃーご!ソレソレソレ・・」軽快なお囃子(?)が楽しかったです。

f:id:charlotte326:20150509222427j:plain

 

f:id:charlotte326:20150509210512j:plain

 

f:id:charlotte326:20150509212416j:plain

至る所で飴やらキャラメルやらもたくさん投げてたんだけど、我が家の席は最後列だったため届かず。子供たちは最後の最後にその辺に落ちてるのを(まさにおこぼれ)一つ拾って大喜びしてました。

 

f:id:charlotte326:20150509212149j:plain

↑パレードの途中、サプライズで後方の茂みから雄叫びとともに現れたネコ。

 

 

f:id:charlotte326:20150509223726j:plain

f:id:charlotte326:20150509223855j:plain

 

一通りパレードが終了すると、次の目玉の「ネコ投げ」に移ります。あまりの人ゴミに危険を感じた夫と次女は遠くの観客席から高見の見物を決め、どうしても参加したいと譲らなかった長女とその付き添いの私で人ごみにもまれながら待つこと30分。始まって5分で避難しなかったことを後悔しました。日本の餅投げの餅が半分になって群衆が5倍になったような状態を想像していただけたらと思います。正直言って怖かった。ラグビーの試合ばりにジャンプしてネコをつかもうとする大人げない大柄な男達。時にはネコのぬいぐるみが引きちぎれんばかりの引っ張り合い(注:大人)。誰もまわりのことなんて気にしない、そこはまるで無法地帯でした。

f:id:charlotte326:20150510111050j:plain

 

f:id:charlotte326:20150510111047j:plain

↑塔の上から群衆をあおる。声が大きいほうに投げるよ〜、的なジェスチャーをするもんで、大声合戦さながらの雰囲気。

f:id:charlotte326:20150510111412j:plain

長女を説得して退散を決め、人ごみをかき分けて群衆の外に出ようとした時に限って、ネコがこちらに飛んできました。人の波におされ、あやうく転倒しかけたところ誰かの指だか何かが私の髪の毛に引っかかり、「ぶちぶちぶち!」という音がして数本抜け(切れたのかな)ました。近くにいた中国人の留学生グループの一人が運良くネコをキャッチして、直後に「これ中国製なんじゃないのか」って言ってタグをチェックしてたのが面白かったです。そのあと、西洋人のカップルが「この子迷子よ!」と叫んで幼児を抱きかかえて群衆に見せてました。ネコを取るのに夢中で子供がいなくなったことにも気がつかない親も出現。しかもその子は日本人。近くにいた日本人男性が肩車してその子の親を探しに行って(今思えばあの場での肩車っていうのもたいがい危険だなと思いますが)、幸い無事に見つかったようでよかったです。

 

 

 

このあとは祭りのフィナーレを飾る「魔女の火あぶり」。若い女性が魔女裁判にかけらている様子の寸劇を(悲痛な女性の叫びを15分以上マイク越しに聞くことになる)見たあと、女性がダミーの人形と入れ替わり、火あぶり台に火がつけられて燃え盛る炎を見ながら祭りは終了。

f:id:charlotte326:20150510005434j:plain

 

 

 

翌日、車で20分ほどの場所にある戦没者の墓地(tyne cot cemetary 

Tyne Cot - Wikipedia, the free encyclopedia を訪れました。場所を聞こうと思って戦争博物館の人に「戦没者の墓地に行きたいんですがどのあたりですか」って尋ねたら、「この辺はお墓が本当にたくさんあるから、どこの墓?」って言われたくらい、実際車で走っているとあちらこちらで墓地を見掛けました。墓標に書かれた言葉を長女に説明してたとき、カナダから来たという女性がやってきて、カナダの国旗と彼女の地元の電車のピンバッジをくれました。聞けば、ご主人とともに週末ごとに各国の墓地を訪れて バグパイプの演奏をしているとのこと。イギリス、オーストラリア、アイルランド、カナダ、他にも様々な国の人たちが眠るこの墓地には世界各国から人々が訪れているようです。彼女のご主人の奏でるバグバイプの音は、静閑な墓地を厳かな雰囲気で包んでいました。

 

f:id:charlotte326:20150511111119j:plain

 

ちなみにこの墓地には対ドイツで戦った連合国の人々が眠っているのですが、4つだけドイツ軍の兵士のお墓もありました。墓標の形が他と違うのですぐにわかるのですが、敵対していた国の戦没者が同じ墓地に眠っているというのはヨーロッパという土地の歴史の複雑さと深さを思わせます。

 


あと、ベルギー滞在中感じたのが、老若男女問わず複数言語を話せる人が本当に多いこと。トイレの待ち時間に地元のおばちゃんと話したら、ベルギー国内だけでもオランダ語(正確にはオランダ語のベルギー方言みたいなものらしいけど)、フランス語、(若干の)ドイツ語圏があるようで、それ加えて学校では英語を勉強してるので普通に3〜4カ国語を話す人たちがごろごろいる。そういう地理的条件がゆえに戦争の被害も大きかった場所ということを考えたら複雑な思いがするのだけど。

 


このイーペルという町は、ヨーロッパでの日本でいうヒロシマ、ナガサキ、のような位置付けにあたるそうです。祭りの次の日に戦争博物館の前を通ったら学校単位で見学に来てる学生さんたちを多く見掛けたし、墓地にも同様の学生集団がいました。逆に、前日の祭りまであれほどたくさん見掛けた日本人観光客はぱったりと姿を消し(多くはブリュッセルへ移動した模様)、まだ前日のゴミが散らばる道路で祭り会場を撤去するトラックが走るのがなんだか切なかったです。

 


もし今後またこの祭りを見に行く機会があれば、もっとゆっくりこの町を散策してみてみたいです。

f:id:charlotte326:20150510055056j:plain

↑鐘楼の上からの町の眺め

 

 

 

むしホテルへようこそ。春の森遊び色々。

本日の娘たちの力作。

木の枝と花、葉っぱ、草を集めて作った「むしホテル」。読んで字のごとく、虫たちのためのホテル。ゲストの虫をよぶまでもなく既にかなりの数が入り込んでると思うけれど・・・

 

f:id:charlotte326:20150412170927j:plain

ホテル全体像。

 

 

f:id:charlotte326:20150412170803j:plain

看板(hotel for bugs)の後ろは葉っぱのベッドだそう。なかなか寝心地良さそうです。

 

f:id:charlotte326:20150412165905j:plain

虫が好んで入りそうな穴。

 

f:id:charlotte326:20150412165552j:plain

この花、すごくかわいかったから名前を調べてみたら、オオイヌノフグリというちょっと変わった名前。フグリってなんだって調べたら、なんと睾丸のことらしい。大きい犬の○○タマ。この花の実がそんな形ということからきた名前らしいけど、他にもっといい名前なかったのかな。でも、きっとこの名前つけた人はこれ以外のものが考えられないくらい「これしかない!」と思ったんだろうという推測はできます。

花をさわろうとすると、写真のようにぽろっと落ちてしまいます。名前に似つかずなんだか儚い感じ。

 

 

 

f:id:charlotte326:20150410175612j:plain

こちらは野花のブーケ。フランス人の家庭教師の女の子が一緒に作ってくれたのだけど、このセンスのよさ。ブーケ一つにしてもその国らしさが出るというか、素敵だな〜、と、家に持って帰ってきてみたものの、(とうぜん)虫いるじゃん!でもいっか。綺麗だから。

 

f:id:charlotte326:20150412161546j:plain

この遊びもフランス人の女の子から教えてもらいました。木の枝を集めてきて三角形をつくり、その中を歩くというシンプルな遊び。

足の長さを考慮しないで作るところが子供のいいところ。

手軽にできるし、とても楽しいです。

 

f:id:charlotte326:20150412155505j:plain

最後はこちら。スーパーの袋を短い棒にひもでくくりつけて、簡易タコ揚げ。これ、意外と糸からまないし、あんまり高く上がらないから木にひっかかることもないし、とてもいいです。

なによりタコ揚げは子供を無駄にたくさん走らせるという点がとても気に入ってます。

 

 

最近日に日に暖かい日が増えてます。

春本番。